はちすま 八王子の新築戸建て専門ガイド > AssetDesign株式会社のスタッフブログ記事一覧 > 不動産を購入するときは火災保険が必要?経費や相場について解説

不動産を購入するときは火災保険が必要?経費や相場について解説

≪ 前へ|不動産購入にともなう固定資産税とはいくらくらい?いつから発生するのか解説   記事一覧

不動産を購入するときは火災保険が必要?経費や相場について解説

不動産を購入するときは火災保険が必要?経費や相場について解説

不動産探しをしている人は、物件探しとともに保険についても検討していらっしゃるでしょうか?
契約が決まれば保険の加入も必要になるので事前にリサーチが必要です。
今回は不動産購入時の火災保険について、義務か任意のどちらなのか、経費にできるのか、相場はいくらぐらいなのか解説していきます。

弊社へのお問い合わせはこちら

不動産を購入するときの火災保険加入は義務?任意?

不動産購入時の火災保険の加入は、正確には義務ではありません。
しかし、購入条件として加入しなければならないことがほとんどです。
これは、万が一火災などが起こってしまった場合、支払い能力がなく損害賠償などが滞ってしまうと、不動産会社やオーナーなどが困るからです。
とくに火災は自分だけでなく近隣住宅や上下左右の部屋まで影響があり、損害賠償や原状復帰などに大きなお金が必要です。
また、保険内容によっては家財の補償を付けられることから、高額な家具などが破損した場合にも使えます。

火災保険の保険料は経費にできるのか

火災保険は、事業所として利用している部分であれば経費として計上できます。
たとえば、自宅兼事業所としている場合は全額計上できるわけではなく、割合に応じて一部のみ経費として計上できます。
不動産の面積と事業所として利用している部分の面積の割合によって家事按分が決まります。
当たり前ですがプライベートで利用している部分の保険料は経費として計上できません。

火災保険の保険料の相場について

保険会社や補償内容によって金額は異なりますが、相場としては年間1万円から2万円が多いでしょう。
とくに火災保険は10年などの長期契約、一括払いにすることで安くなるため、契約期間や支払い方法によっては20万円から30万円になることもあります。
賃貸物件では1年契約や2年契約がほとんどですが、戸建て住宅やマンションなどを購入した場合は長期契約も選択できるので、内容や支払い額に応じて検討してみましょう。

まとめ

不動産購入時の火災保険は、義務化されているわけではありませんが、ほとんどの場合は加入を求められる、加入しなければ物件を買えないでしょう。
事業所として使用している場合は経費として計上でき、自宅兼事業所の場合は割合によって家事按分されます。
相場は年間約2万円、10年契約の場合は20万円から30万円ほどですが、契約内容や保険会社によって異なるので、事前に保険会社を比較検討しておくことをおすすめします。
私たちはちすまは、八王子市で新築戸建てを中心に取り扱っております。
新築戸建ての購入をご検討されている方は、ぜひ弊社までご相談ください。
弊社へのお問い合わせはこちらをクリック↓

弊社へのお問い合わせはこちら

≪ 前へ|不動産購入にともなう固定資産税とはいくらくらい?いつから発生するのか解説   記事一覧

最新記事

おすすめ記事

カテゴリ

>>全ての記事を見る

XMLRSS2.0

  • 更新情報

    2021-11-12
    はちすまの使い方

    はちすまでは、他社にはない特別なサービスがあります。先にお読みのうえ、「はちすま」をご利用ください。

    更新情報一覧

  • 掲載物件数
    ロード中
    本日の更新件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • お客様の声
  • スタッフ紹介
  • 内部ブログ
  • 周辺施設検索
  • アクセスマップ
  • 会社概要

    会社概要
    AssetDesign株式会社
    • 〒190-0023
    • 東京都立川市柴崎町2丁目5-4
      3F
    • TEL/042-508-2800
    • FAX/042-508-2800
    • 東京都知事 (1) 第105688号
      公認不動産コンサルティングマスター
      相続対策専門士
  • QRコード
  • 更新物件情報

  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る

来店予約